AISB

事業概要
  • セールスレップ
  • M&Aアドバイザリー
  • 戦略的事業 パートナー開拓・協業支援
  • 業務委託
  • 投資
  • ファイナンス
現在表示しているページ
HOME > 事業概要

セールスレップ

「自社の商品・サービスを海外に販路を拡大したい」

食品原料の輸出産業用機械の輸出など、B to B取引における海外販路拡大をお考えのお客様のサポートを行っております。

弊社では、各業界の専門知識を保有し、且つ海外の大手企業への工場・仕入部門等に販売ルートを保有する担当が、計画策定段階から支援いたします。
単なる営業代行ではなく、弊社の担当が販売先のニーズを吸い上げ、例えばその要望に合わせた商品スペックに変更する等、そのニーズに合致した提案を行うことで販路拡大の可能性を格段に引き上げることが可能となります。

まず、お客様と弊社との間で「セールスレップ契約」締結させて頂き、お客様の商品に併せた販売地域・販売先を選定し、海外での営業活動を開始させて頂きます。

お客様(日本) 商品 ディストリ ビューター 商品 クライアント(販売先) 商品代金 弊社 セールスレップ契約

お問合わせはこちらから

pagetop

M&Aアドバイザリー

「円高のうちに、海外企業の株式を取得して海外展開の布石を打っておきたい」
「海外企業を株主に迎え入れて、スムーズな事業継承を行いたい」

弊社では、クロスボーダー(国際間)でのM&Aアドバイザリー業務を行っております。

資金余力のある日本企業が、円高のうちに海外企業の株式を取得して海外展開への事業布石を打っておきたい、また後継者問題などを抱える日本企業が、海外企業を新たに株主として迎え入れることでスムーズな事業継承を行っていきたい、など案件は様々です。

しかし、日本の国外で候補先企業を探し、企業(事業)評価を行った上で事業シナジー等を調査し、その後売買金額などの条件交渉等を行うことは大変な労力が伴います。

弊社は、売り手企業様、買い手企業様、双方にとってきちんとした事業シナジーがあるような案件を前提として、案件成約の為に様々なアドバイザリーサービスを行います。特に、弊社自身で事業開発機能を持つことから、地に足がついた事業シナジーの精査を行うことが出来るとともに、案件成約後も、売り手企業様・買い手企業様の事業支援を行っていくことが可能です。

新興国企業の買収については、法整備がまだまだ未発達であり、どの手法・スキームがベストなのかは案件ごとに慎重な検討をする必要があります。弊社では、シンガポールを中心として培ってきた独自のネットワークを最大限活用し、弁護士事務所・会計士事務所等最適と思われる専門チームを案件毎に組成することで、より最適で高度なスキームをスピーディーにご提案致して参ります。

  • ・ M&A戦略の策定
  • ・ 候補先企業の選定・検討
  • ・ 秘密保持契約書の締結(DD)
  • ・ 初期的デューデリジェンス
  • ・ 基本合意交渉(買収金額・条件・ストラクチャー)
  • ・意向表明書
  • ・基本合意書(LOI)の締結
  • ・ 詳細デューデリジェンスの実施
  • ・ 最終合意交渉(詳細DD結果に基づく)
  • ・ 基本合意の修正
  • ・ 最終合意契約書(Stock Purchase Agreement)の締結
  • ・ SPAに基づく契約の実行
  • ・ 売買代金(対価)の支払い

pagetop

戦略的事業パートナー開拓・協業支援

戦略的事業パートナー開拓・協業支援サービス

「海外営業網を構築したい」
「海外委託製造先を開拓したい」
「海外商品開発先と協働体制を構築したい」

弊社は、海外で「戦略的事業パートナー」との取組みを行いたい、日本の中堅・中小企業様の海外事業展開支援を行っております。

海外でどのようなパートナーが必要かは、その企業の経営課題によって様々です。まず事業ヒアリング(無料)を行わせて頂き、その企業様の経営課題を抽出し、どのような地域でまたどのようなパートナーが必要かを十分に検討させて頂きます。

その上で、それぞれの会社の経営課題の合った「海外事業パートナー」の種類を絞り込み、具体的なパートナーを見つけ出します。その後数か月にわたる交渉を繰り返し、最終的には合弁会社を作るなど提携の具体的な形を作り出すサービスです。

また提携後も事業の運営がスムーズにいくよう、事業の運営にも関与し、継続的なサポートを行うことが弊社の大きな強みであり、このようなサービスを行うことが可能な「ビジネスマッチング」は他社には無いものであると自負しております。

お問合わせはこちらから

1~2ヵ月 事業ヒアリング(1時間程度・無料) 提携内容・戦略地域の特定 1~2ヵ月 提携候補先の選定(調査) 3~6ヵ月 候補先との面談アレンジ提携交渉開始 提携 事業運営のサポート開始

pagetop

業務委託

「パートナーとの提携後も継続的にサポートして欲しい」
「海外事業の運営をサポートして欲しい」

弊社では、戦略的事業パートナーとの提携後も、日本企業と海外企業の間で継続的な事業運営の支援を行っております。

戦略的事業パートナーとの提携を行ったとはいえ、事業がスムーズに流れ始めるまでには双方の歩み寄りが必要です。様々な考え方の違いや意思疎通のすれ違いから、思わぬ形で誤解が生まれ、せっかくの提携の形が壊れてしまった、というのも残念ながら多いというのが実態です。提携の事業運営を円滑に行い、提携の効果を最大限に発揮していく為にも、ビジネスマッチングの仲人役である弊社が間に入り、事業運営の支援を行います。

また既に海外進出をしている日本企業様にも、弊社のもつ海外事業展開ノウハウをご活用頂いております。

日系企業の売り先様の為に既に工場を海外に保有している場合でも、今後は日系企業以外のクライアントに販路を拡大していく必要があります。その為には他の同業種企業と競争を行っていかなければならず、最適な事業運営を構築していくことが更に求められます。

弊社では、豊富な海外事業運営経験を持つ事業会社出身者が実務に携わることで、日本企業の皆様のお役に立ちたいと考えております。

お問合わせはこちらから

pagetop

投資

弊社がビジネスマッチングで生み出したビジネスチャンス自体を投資機会と捉え、弊社の戦略的投資分野に合致をするプロジェクトには積極的に投資を行って参ります。

多くのビジネスマッチングを生み出され、そのプロジェクトが成長をするということは、成長性資金の需要が生まれることを意味します。弊社以外の多くの投資会社にもそのような機会をご提供をして行きたいと考えております。

お問合わせはこちらから

pagetop

ファイナンス支援

「海外展開を行うための資金調達をしたい」
「海外新興市場の上場を目指したい」

海外での事業展開を行う上で欠かせないのが、やはり資金調達です。
アセットファイナンス、デットファイナンス、エクイティファイナンス等を実行していく上では、単にスキームの提案だけではなく、金融機関との関係が重要となります。

弊社では、シンガポールでの金融機関とのネットワークを最大限に活用し、日本企業様の海外進出プランに即したファイナンス支援を行っております。海外事業計画の策定部分に重きを置きながら、事業自体の成長力を引き出す適切な手法をご提案、ファイナンス実行まで支援を行います。

またファイナンス支援の一環として、海外新興市場上場支援も行っております。

日本では創業者利益確定の意味合いの強い上場ですが、アジアの新興市場(香港GEM・シンガポールCATALIST・台湾TWSE・韓国KOSDAQ等)では、知名度・信用力の向上のみなならず戦略的資本提携を目的とした上場が多いのが特徴です。弊社は、これからアジア域内での製品販売や技術・サービスのライセンス供与など、海外事業の積極展開を考える日本企業様にとって大変有効な資金調達の手段と考えております。

お問合わせはこちらから

pagetop